>
>
平成29年度 法人内研修

平成29年度 法人内研修

1月12日  接遇研修 -接遇とは 「大切」という気持ちを伝える事ー

 ティーエスアルフレッサ株式会社の平儀野さんを講師にお招きして接遇研修を行いました。
 印象に残ったのは「間接的接遇」という言葉です。
環境を整える事で効果を発揮するおもてなしという意味のようですが、今回の研修では、お客様などおもてなしをする相手にはとても感じがよく接することができていても、スタッフ同士や業者の方に対しての対応が悪いと、それをお客様が目にした場合、結果的にイメージが悪くなってしまうというお話でした。あたりまえのような事ですが、気をつけないといけないなと感じました。
 
 
7月7日 緩和ケアについての研修
 
 広島県緩和ケア支援センターの『緩和ケア推進アドバイザー派遣事業』に
申し込みをして、講師をお招きし緩和ケア研修を行いました。
 
  
 
 

 

 
【受講者の声】
 以前自宅での看取りを希望される家族がおられ、その時の事を思い出しながら
受講しました。
日頃から家族との信頼関係を築く事がとても大切だと改めて思いました。
 家族の揺れ動く気持ちに寄り添い、その都度、意向を確認し、安らかな最期を
迎えることができるよう支援に努めたいです。