>
>
平成30年度 法人内研修

平成30年度 法人内研修

生活を共に支えるパートナー (介護・看護職)のための連続研修       3月23日 ~ 4月13日(全4回) 
 ~働きやすい職場環境づくりがご利用者の快適な生活空間に変わる~ 

 サンライズマリン瀬戸の久保田あけみ様を講師にお招きして介護職員・看護職員を対象にした
研修を行いました。
 
 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会のアンガーマネジメントファシリテーターでもある
久保田先生。第一回目のテーマは「アンガーマネジメント」でした。
 
  

【第1回 研修を受けて 介護職員 雲谷 衣舞季】

 研修を受講しアンガーマネジメントという言葉を初めて聞きましたが、身近な問題である

仕事・生活・子育てなどのイライラとうまく付き合うためにすべての人が知っていたら、

より良い日々が送れるのではないかと大変興味を持ち、自分自身での反省や良かったこと

なども思いだしながら参加しました。

 感情の中でもコントロールのしにくい「怒りの感情」は人それぞれ違い、私が怒りを感じる

事でも、中にはそれを何とも感じない人がいるという事を普段の生活では考えた事がありませ

んでした。「なぜあの人はイライラしないのだろう?あの人はこれを見て平気なの?」と私が

イライラしたり気になったりする事は他の人も同じように感じるだろうという考えで、相手が

自分と同じように感じない事に対して、またイライラしてしまうことがありました。

でもそれは他人とのギャップで、私が求めるものと他人が求めるものには差があるという事が

わかりました。

普段感情的になっていてすぐ怒っていた私が、受講後考えも少しずつですが変わり感情だけに

任せなかったらここまで相手としっかり会話ができてストレスに感じる事も少なくなるのだと

思いました。介護施設での虐待ニュースが報道されるたび悲しい気持ちになります。

原因は職場の人間関係や、ご利用者様との関係、家庭環境などいろいろかもしれません。

怒り(ストレス)との付き合い方を知らなければうまく付き合ってはいけません。良い職場環境

づくりが出来たら離職も防げるかもしれません。まずは今回研修の機会をいただいた私が引き続き

しっかりとアンガーマネジメントを学んで広められたらと思います。