>
>
特別養護老人ホーム楽生苑

特別養護老人ホーム楽生苑

100歳おめでとうございます

楽生苑で暮らされている御長寿の方々をご紹介します。


 

従来型特養(54床)

介護保険制度の要介護1〜5に認定されている方がご利用できます。
日常生活において常に介護が必要で、在宅での適切な介護が困難な場合に入所することができます。

 職員の方は、それぞれどのような仕事をしていますか

特別養護老人ホームには、管理医師・ケアワーカー(介護職員)・看護師・生活相談員・管理栄養士などが働いています。

 

管理医師 入所者の主治医となって診療を行っています。
ケアワーカー 入浴・食事・排泄の介助といった身の回りの介護から、入所者の精神的な支えとなること、そしてレクリエーションなど各種行事に至るまで、幅広い仕事を行っています。
生活相談員 家族との連絡調整、入所者の費用徴収や健康保険の手続き代行、入所者の相談援助やレクリエーションなど各種行事の企画運営、入退院(利用者)についての病院との連絡調整などの業務を行っています。
看護師 主に入所者の健康管理や、医療ケアを行っています。
管理栄養士 主に入所者の栄養管理を行っています。

 

 

ご利用料金

 

 

 

特養年間行事

4月 耕三寺お花見遠足
8月 夏祭り
9月 運動会
12月
餅つき
1月 初詣・初釜
2月 節分
3月 ひな祭り
 ※毎月 ふれあい喫茶