>
>
創設者挨拶

創設者挨拶

  まず、私の自己紹介と略歴を述べさせて頂きます。
私は、昭和33年京大医学部卒、京大大学院終了後約25年以上医科大学の教官を務めましたが、その後約20年前京都で開業し、11年前より当地瀬戸田町にて伊原内科医院・特養楽生苑を開設致しました。
老齢化社会を迎えて、ご老人が増えてくる、介護が大変だろうから、手助けをしようと言うような、受け身の気持ちではなく、人生経験豊かなご老人たちを心から大切にして、社会に貢献したいという積極的な気持ちがあり、特別養護老人ホーム「楽生苑」を設営しました。
地域社会には、年長世代から若い世代へと受け継がれる、いろいろな「生活の知恵」が伝統文化として受け継がれております。このような地域文化の特に優れた面を大切にしたいし、同時に伝統文化の担い手である老人たちを尊敬し、介護するのが当然であると思っています。 
このような風習が社会に定着すれば、必ずや、立派な「介護文化」が創成されるであろうと思います。 かくして、老いの人生にも、もっともっと明るい希望が芽生えるでしょう。 それぞれの世代がともに、それぞれの人生を大切にし、エンジョイする楽園を築き上げようではありませんか。

 

医学博士
日本東洋医学会専門指導医
伊原 信夫