しまなみの風を感じながら
ゆったりと日常を
過ごしていただきたい。

島全体が一つの大きな家族となるように
自然や地域の人々とのつながりを大切にし、
皆様とともに歩む福祉をめざしています。

のんびりと
すごしていただける
生口島に楽生苑はあります。

穏やかな瀬戸内海に浮かぶ生口島。
気候も温暖でレモンなどの柑橘系の栽培がさかんで、島内は爽やかな香りに包まれています。
サイクリストの聖地としても知られ、全国から人が集まり、活気があります。
そんな島内に、楽生苑の施設が11あり、島内最大の施設で、瀬戸内海の美しい景色を眺めながら、好きな地域でのんびり過ごせます。

アクセス

楽生苑の目指す介護とは

できることは自分で。
「家族のように」毎日をすごす

加齢や持病により、
今までできていたことが、少しずつできなくなり、
うまくいかなくなる中で、
「今までと変わらない生活がしたい」「自分のことは自分でしたい」
そんな思いに応え、可能な限り自分でできることをする。
楽生苑では、ホテルのような非日常ではなく、家族とともに過ごしているような「日常の延長」をめざしています。

  • 「日常をすごしてもらう」
    家族の距離で寄り添う

    同じ島の中で過ごして来た年齢の違う、それぞれに違った人生を歩み、生活を送られて来た方々が集まり、共に過ごせる居場所を作ります。
    施設内で可能な限り暮らしの継続ができるよう全職員でサポートいたします。できる限り利用者様のベストな環境で、この地域にあって良かったと言われる楽生苑でありたいと思っています。

  • 地元地域とのつながりを
    大切にしています。

    楽生苑は誰もが気軽に立ち寄れる、安心して相談できる場所でありたいと思っています。地域ボランティアを積極的に受け入れ、中高生の職場体験なども通じて地域の子どもたちと交流を図ったりなど、介護を身近に感じてもらえるような取り組みを行っています。今後も過ごしやすい施設・町であるために、地域とのつながりを深めていきます。

    地域貢献の取り組み

  • 地元と手を取り合って
    地域の活性化に貢献します

    春には、地域の人を交えた「福祉祭り」を開催。
    地域の方に楽しんでいただくだけでなく、福祉用具の展示などで、福祉に触れていただく機会を作っています。夏は「夏祭り」を開催。
    各地区の地踊り・盆踊りを踊り、地域の方と一緒に楽しみ、職員たちにも各地区の文化に触れる機会を設けています。

    地域公益活動