• 理事長よりごあいさつ

    当法人は、平成11年尾道市瀬戸田町に伊原信夫前理事長が「高齢化社会を迎えた今、人生経験豊かな高齢者を心から尊敬し、地域の伝統文化が年長世代から若い世代へと受け継げるよう、それぞれの世代がともに、それぞれの人生を大切にしてエンジョイできる地域を築き上げよう」という思いで特別養護老人ホーム楽生苑を設営したのが出発点です。
    その思いを受け継ぎ、私自身が継続して実践したいことは、法人が運営する施設などと地域の間に、みんなが楽しめる公共的な空間をつくり、継続的・意図的な支え合いや交流活動を生み出し、福祉サービス・相互支援・相互交流などにより人や地域が発展していく。そんな地域に開かれた法人づくりです。
    また、施設などで、人と人をつなぎ、介護の専門職のみならず、当法人に関わる全ての方々との、さまざまな出会いの場や協働しあう場を生み出し、常に地域課題に全力で向き合いたいと考えています。
    最後に、地域社会のさまざまなニーズに対応し、地域に根ざした社会福祉法人として地域とともに歩み、法人運営の透明化、コンプライアンスの確保、職員が働きやすい環境づくりに取り組み、サービスの質を高め、社会の信頼に応えていく所存です。

    社会福祉法人 新生福祉会

    理事長 山中康平

  • 副施設長よりごあいさつ

    レモンの香りに包まれた生口島にある当施設は開設以来、早いもので20年目を迎えています。その間、施設ご利用者様をはじめ、ご家族様、地域の皆様、行政やボランティアなどの多くの方々の暖かいご支援により地域の中心的施設として歩んでまいりました。
    開設以来、日常のケアの質の向上に努めるとともに、その過程における認知症ケアや看取りケア、医療ニーズへの対応等、現場実践を通じてさまざまな取り組みを行い、日々サービスの質の向上に努めているところです。
    20年近い時の流れの中、少子高齢化や核家族化の進行など地域の高齢者を取り巻く状況は大きく変化しておりますが、高齢になってやむを得ず生活環境を変えなくてはならない地域の高齢者が、安心して豊かな暮らしを送るために特別養護老人ホーム楽生苑があります。
    今後もサービスの質の向上に努め、生口島にある唯一の社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームとして地域住民の期待に添えるべく、一層の努力を重ねてまいります。

    特別養護老人ホーム楽生苑

    副施設長 小林雅洋

  • 園長よりごあいさつ

    こんにちは。養護老人ホーム寿楽園 園長の岡野と申します。
    養護老人ホーム寿楽園は、昭和29年に「養老施設」として認可を受け、その後老人福祉法の施行に伴い「養護老人ホーム」となりました。介護保険制度創設等もあり、高齢者福祉の内容や業務、施設なども多様化し、養護老人ホームの入所者も介護保険制度が利用できるようになるなど、運営制度が大きく変化してきたことから、平成24年に尾道市より新生福祉会に経営移管されました。
    寿楽園には、環境上の理由、経済的な理由であったり、身体・精神的な理由、虐待等で自宅での生活が困難な方が入所されています。積極的に社会的活動に参加することで、自立した生活が送れるよう、各種サービスを利用したり、地域の方と共に皆で行事を行ったりと季節ごとにメリハリのある生活を送っています。
    これからも、ご利用者、ご家族の皆様をはじめとして、地域の皆様に信頼を寄せていただける施設として職員一同全力を尽くしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

    養護老人ホーム寿楽園

    園長 岡野宏哉